ホワイトニングで白い歯【上手なプラークコントロールで病気知らず】

料金に設定

歯ブラシを揃える

治療方法によってもかわります

矯正歯科にかかる料金は、歯科医院によっても設定が違うのが特徴です。また、大人の矯正と、こどもの矯正によっても違うのです。 大人の場合は、初診料が5000円程度かかるところもあります。精密検査料は30000円から60000円程度が相場です。また、つける装置によってもかわりますが、矯正歯科による装置の基本料金が60万円から100万円かかります。そのほか、矯正装置の調整や、検診費用なども数千円から1万円程度かかるのが現状です。トータルで安めの装置をつける場合でも80万円はかかるのです。相場は80万円から100万円が多いのです。 こどもの場合は、一期治療と二期治療にわかれ、一期治療で30万円から50万円、二期治療で40万円から60万円が相場となります。

こどもの矯正について

こどもの矯正治療は、矯正歯科のなかでも小児歯科の扱いがあるところで治療してもらうのがいいでしょう。 こどもの歯は、まだ発達段階にあるので、専門的な知識がより必要とされるのです。最近では、矯正をするこどもも増えて、街中の個人歯科医院でもこどもの矯正歯科をあつかうところが増えてきているのです。 こどものうちに矯正をすると、おとなのように抜歯をしないで治療できる可能性が高いのもメリットです。 また、成長段階にあるので、様子をみながら、段階をふんで進めていくこともできるのです。 まずは、あごの骨格の矯正からすることもできます。これは、矯正装置のなかでも簡単にできるマウスピースを使う方法です。日中、決められた時間だけマウスピースをするだけです。 これからも、こどもの矯正は、早めに治療をする傾向がすすんでいくことが見込まれます。